SIDS(シズ:乳幼児突然死症候群)とは、それまで元気だった赤ちゃんが事故や病気や窒息ではなく、眠っている間に突然死亡してしまう病気です。日本では、年間500〜600人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっています。これは生まれてきた赤ちゃんの約2、000人に1人の割合です。生後1〜4か月が最も多く、そのほとんどが1歳未満の乳児期の赤ちゃんに起きています。原因はまだよくわかっていませんが、育児環境のなかにSIDSの発生率を高める因子のあることが明らかになってきました。それらについてキャンペーンを行った欧米諸国はSIDSの発生が減っています。

●あおむけ寝で育てよう

 うつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発生率が高いということが研究者の調査からわかっています。うつぶせ寝がSIDSを起こすものではありませんが、医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。

●タバコをやめよう

 タバコはSIDS発生の大きな危険因子です。妊娠中の喫煙はお腹の赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙はやめましょう。これは、身近な人の理解も大切ですので、日頃から喫煙者に協力を求めましょう。

妊娠中の喫煙と飲酒

●できるだけ母乳で育てよう

 母乳育児が赤ちゃんにとって最適であることはよく知られています。人工乳がSIDSを起こすものではありませんが、できるだけ母乳育児にトライしましょう。

平成9年度に全国的な調査研究が行われ、次のような結果が得られました。

 うつぶせ寝、人工乳、喫煙によってSIDSの発生頻度が高くなるというのは、欧米でいわれていることと、ほぼ同様の結果 となっています。

 これらの事はいずれもSIDSの直接的な原因ではありません。育児に関し必要以上に不安を抱くことは避けて下さい。これらの3つの事を参考にして、日頃の育児の方法を再確認していただき、あとはおおらかな気持ちで子育てをして下さい。

●なるべく赤ちゃんを一人にしないで

よく眠っているからといって長時間赤ちゃんを一人にしないようにしましょう。
赤ちゃんを一人にして外出しないようにしましょう。
なるべく赤ちゃんと同じ部屋で寝るようにしましょう。

●寝かせ方に関しては次のようなことにも注意しましょう。

寝具は固いマットを使用し、枕は使わないようにしましょう。
かけ布団やタオル、ひもなどが顔にかからないようにしましょう。
ベッドの回りにはガーゼやビニールなどを置かないようにしましょう。
たとえば、日中の短い眠りでもソファなどに寝かせるのはやめましょう。

 なるべく赤ちゃんを一人にしないことや、寝かせ方に対する配慮は、窒息や誤飲、けが、やけど、浴槽に落ちて溺れるなどの事故を未然に防ぐことにもなります。

 


リンクSIDSに関する詳しい情報はこちらへ

●SIDS家族の会(SIDS Family Association Japan)

http://www.sids.gr.jp/