⑥ おっぱいもメンテナンスが必要なの?

A.おっぱいもメンテナンスが必要だなんて、大げさだとお思いでしょうが、本当に現代人のおっぱいは、母乳保育という点においてずいぶん退化してしまっていますので、メンテナンス・フリーというわけにはいかないのですよ。

1.おっぱいマッサージなどのおっぱいケアをしないと母乳は出ない。
 おっぱいケアをしないと母乳だけで赤ちゃんを育てられる人は約30%しかいないのですよ。妊娠中からちゃんとしたおっぱいケアをすれば75~80%の人が母乳だけで育児ができます。

2.おっぱいのケア(メンテナンス)が不十分だと乳腺炎などのトラブルが多発。
 乳腺炎の原因は、細菌感染ですが、予防として赤ちゃんの飲み残し処理(後搾り)や乳口炎などの早期発見・早期治療が重要です。

3.おっぱいを出し続けるにはメンテナンスが必要。
 ちゃんとしたおっぱいケアをしないと母乳は出なくなります。また母乳の出かたは、月齢によって変化しますので、月齢に応じたケアが必要です。

4.母乳は、出なくても出すぎても困る。
 母乳が出ない人はもちろん困りますが、実は出過ぎて困る人も多いのです。出過ぎるおっぱいも正しくケアすればコントロールできますよ。

5.卒乳(断乳)には、さらに専門的知識が必要。
 自己流に卒乳(断乳)しますと乳腺炎などのトラブルが多く発生します。専門的知識のある助産師のもとで正しく管理してもらって卒乳しましょう。

 母乳には、赤ちゃんにとって大切な栄養素がたっぷり、ママの愛情もたっぷり含まれています。ですから、当院では一滴の母乳も大切にした母乳育児支援をしています。しっかりしたおっぱいケア、すなわちおっぱいのメンテナンスを受けて、母乳育児を楽しく続けてくださいね。


もどる