月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)Premenstrual Syndromeとは、 月経が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、月経が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。

【症状】

イライラ、のぼせ、お腹がはる、下腹部痛、腰痛、怒りっぽくなる、頭痛、お乳のはり・乳房痛、落ち着きがない、憂鬱など。

【原因】

不明ですが、黄体ホルモンが誘因となっていることは明らかです。

【治療法】

OC 、ヤーズなどにて黄体ホルモンの分泌抑制が有効です。
 加味逍遥散などの漢方薬。
 精神症状が強い場合は、月経前不快気分障害(PMDD)と言って、精神科での治療となり精神安定剤・抗うつ薬などを処方します。

【生活指導】

たばこやコーヒーを控えること、甘いものを摂り過ぎない、塩分控えめの食事にする、睡眠不足に注意する、ストレスをためないなどの生活改善も有効です。

早めの診察が大切です。
一人で悩まず、まずはご来院ください。

TEL 058-297-1103

ご予約、お問い合わせのお電話は
診療時間内にお願いいたします。


【診療時間】
9:30~12:30 17:00~20:00

(木曜日午後・日曜祝日 休診)


もどる