緊急避妊法
(モーニングアフターピル)

緊急避妊法とは、避妊しないでSEXをした時や、コンドームが破れたなど、避妊に失敗した時に緊急的に妊娠を回避するための方法です。

SEXの後、72時間以内に緊急避妊薬レボノルゲストレル錠1.5mg1錠服用すると81~84%の妊娠阻止率となります。妊娠を完全に阻止するものではありません。

副作用は、不正子宮出血(14%)頭痛(12%)悪心(9%)嘔吐(6%)などがあります。

緊急避妊法は、健康保険の取り扱いとはなりませんので、全て自費診療となります。

【診察料】
初診料 3,050円
超音波検査料 5,720円
投薬処方料 4,540円
合計 13,310円

 Yuzpe法(ヤッペ法)もできます。
 妊娠阻止率 57%     9,410円

また72時間以上経過した場合でも、120時間(5日)以内であれば、レボノルゲストレル錠1.5mgを服用する方法(妊娠阻止率63% 海外臨床試験)と銅付加IUDを挿入する方法(妊娠率1%以下)がございます。あきらめずにできるだけ早くご相談にお越しください。

銅付加IUD 43,000円

※ 上記の価格表示は「総額表示」で消費税を含んだ価格です。

※ 上記の料金は予告なく変更になる場合があります。

緊急避妊薬は72時間以内の服用となっていますが、早く服用したほう(できれば24時間以内)が、より効果的でより妊娠阻止率が高いと言われています。

まずは、お電話ください。
お電話は、必ず診療時間内にお願いします。
診療時間外は、お電話つながりません。

早めの診察が大切です。
一人で悩まず、まずはご来院ください。

TEL 058-297-1103

【診療時間】
9:30~12:30 17:00~20:00

(木曜日午後・日曜祝日 休診)

お電話は、必ず診療時間内にお願いします。
診療時間外は、お電話つながりません。

もどる