インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの効果は、接種して約2週間後から効果が表れ、5ヵ月程度続くと考えられていますので、インフルエンザの流行する少し前の10月~11月末までに接種することをおすすめします。 2回接種の場合は、2回目は1回目から1~4週間(免疫効果を考慮すると4週間が望ましい)あけて接種します。

インフルエンザワクチンの主な目的は、重症化を防ぐことです。ワクチンを接種しても、インフルエンザの発症を完全に防ぐことができるわけではありません。人ごみに行かない、手洗いやうがいをこまめにするなど、基本的な予防は忘れないようにしましょう。

インフルエンザワクチンの予防効果は、成人の場合、1回接種だと発症予防効果が64%、2回接種だと94%とされていますので、2回接種の方がより望ましいと言えます。 しかしインフルエンザに罹患したときの死亡予防効果は1回接種でも80%であると言われていますので、ワクチンを接種しないよりは、1回でも接種したほうがよいでしょう。

13歳未満のお子さんは、インフルエンザに対する免疫力が少ない可能性が高く、2回接種することが必要です。

65歳以上の方や喘息など気管支に持病のある人、また、受験生や、どうしても仕事を休めない職業の人もワクチンは2回接種がよいでしょう。

妊娠中・授乳中のかたがインフルエンザワクチンを接種しても問題ありません。

1回目 3,600円
2回目 2,550円

ご予約・お申し込みは、受付にてお願いいたします。

*上記の料金は予告なく変更になる場合があります。


もどる