過多月経

月経の量は個人差が大きいのですが、ふつうは1回の月経期間で50~100g程度。月経の量が異常に多いケースは「過多月経」と呼ばれます。 以下の項目にあてはまる人はその可能性が高いでしょう 。

過多月経のめやす

ナプキンが1時間もたない

1~3日目は出血量が多いものですが、それでもナプキンは2時間位もつのが普通です。

レバーのようなかたまりがたくさん出る

親指大位のかたまりが時々出る程度なら心配ありませんが、手の平大のレバー状のかたまりがドッと出る場合は問題です。

量の多い出血が8日以上続く

月経期間は普通4~7日ですが、それ以上の場合は過多月経の疑いがあります。

【原因】

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープなどが多くみられますが、特に原因のない場合もあります。

【症状】

過多月経の場合、貧血になります。そのため、めまい・立ちくらみ・動悸・息切れなどが起こるだけでなく、心臓にも大きな負担をかけます。

【治療】

子宮筋腫や子宮内膜ポリープの場合、手術が必要となることが多いですが、その他多くの場合、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)、OC(低用量ピル)IUS(ミレーナ)などによりかなり改善が見られます。

月経の量が異常に多いなと思ったら、そのまま放置せず、早めに産婦人科を受診してください。

早めの診察が大切です。
一人で悩まず、まずはご来院ください。

TEL 058-297-1103

【診療時間】
9:30~12:30 17:00~20:00

(木曜日午後・日曜祝日 休診)


もどる