月経周期の移動

旅行や受験と月経が重なりそうなときに女性ホルモンのお薬を使って、次の月経を遅らせたり早くしたりすることができます。

【月経周期の延長】
(生理日を遅らせる)

次の月経予定日の5日前から延長希望日まで服用します。 あまり長期間遅らせると少量の出血があることがあります。

【月経周期の短縮】
(生理日を早くする)

月経第5日から7~14日間服用します。 生理を遅らせることより生理を早くするほうが不確実です。

一般的には、お薬の服用終了後2~3日でつぎの月経がきます。 しかし、個人差もありますので絶対確実ではありません。
指示どおり服用しなかった場合、期待通りに月経を調節できないことがあります。

【注意】

次の方は服用できません。
血栓性静脈炎、肺塞栓症、乳がん、子宮がん、肝臓病、妊娠中など。

次の方は注意が必要です。
肝障害、子宮筋腫、心臓病、腎臓病、てんかん、糖尿病、40歳以上、授乳中など。

このお薬により血栓症がおこることがまれにあります。

下肢の痛み・むくみ、激しい頭痛、胸の痛み、突然の息切れ、視力障害などがあらわれた場合、服用を中止して内科を受診してください。

喫煙にて血栓症のリスクが高くなりますので、禁煙してください。

飛行機に乗るときは、機内で水分を多めに摂り下肢を動かすようにしてエコノミークラス症候群を予防してください。

飲み始めに吐き気がすることがあります。悪心・嘔吐がひどい場合は相談にきてください。

長時間の強い日差しは、皮膚の色素沈着がおこることがありますので避けるようにしてください。


もどる