子宮頸がんワクチン

子宮頸がんは、20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で第1位です。日本では1日に約10人の女性が子宮頸がんによって死亡しています。子宮頸がんは、特別な人がなる病気ではなく、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。初期にはほとんど症状がありませんが がんが進行すると、子宮摘出だけでなく、命にかかわることもあります。

子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染。すべての女性の約80%が一生に一度は感染しています。HPVは100種類以上のタイプが存在。そのなかで子宮頸がんから多くみつかるのは、HPV16型とHPV18型と呼ばれる2種類です。

20歳を過ぎたら、まずは子宮がん検診をうけましょう。定期的な検診で、前がん病変を発見することができます。症状がなくても年に一度は検診をうけましょう。そして重要なことは、子宮頸がん予防ワクチンの接種です。3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

このワクチンは、10~14歳が最もお勧めですが、10歳から45歳までの女性はすべて接種が推奨されています。

【料金】
6ヵ月で3回の接種が必要です。
1回15,920円×3回=47,760円

*上記の料金は予告なく変更になる場合があります。

岐阜県内に住民登録がある小学校6年生に相当する年齢(年度内に12歳になる人)~高等学校1年生に相当する年齢(年度内に16歳になる人)の女性は無料です。

詳しくは岐阜市ホームページ岐阜県広域化予防接種事業(岐阜県のホームページ)をご覧頂くか、
お住まいの市役所・保健所などにお問い合わせください。


【関連サイト】

allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト
(PCサイト)
もっと守ろう.jp 子宮頸がん予防情報サイト

もどる